超制震住宅

制震装置にも、いろいろなグレードがあります。超制震住宅は、壁紙すら破れにくくする制震住宅技術です。
家を建てるときに使う柱や壁材を生かして制震部材を施工するので既存の耐震住宅で、 特別な金物・器具を使わず、簡易でスピーディに制震住宅が施工できます。


制震テープを構造合板や石膏ボード等と柱梁の間に介在させるだけで、建物全体の体質改善が図られ、「超制震住宅」となります。その結果、地震のエネルギーが吸収され(制震効果)、建物の応答変位が1/2に低減します。 もちろん、追加で高価な耐震補強金物や制震金物等を使用する必要もありません。
※制震テープは、高い耐久性を持ち、シックハウスの原因成分はいっさい含みません。

制震テープ


「制震テープ」は財団法人日本建築防災協会の住宅等防災技術評価を取得しています。そのため、耐震改修(耐震補強工事)において、上記評価に基づいて制定された「制震テープ 耐震補強マニュアル」によって施工された耐震改修工事においては、各地方自治体の定める助成金の対象とすることが可能です。

「制震テープ」耐震改修のメリット
●地方自治体の助成金(補助金)が受けられる!
●施工が容易で、さまざまなリフォームと平行して施工できる!
●他の制震デバイスと異なり、大きな装置をいくつも必要としない!




制震テープの特長
制震住宅の特長


従来の耐震住宅では、大地震時、釘や木ねじが地震力によって緩み、石膏ボードや構造合板が柱梁から離脱します。 制震テープは、石膏ボードや構造合板と柱梁の相対変形を利用することで、制震テープ特有の強い「粘り」が地震エネルギーを吸収(制震)します。
このことが、建物の応答変位を約1/2に低減する「超制震住宅」を可能にしています。


制震住宅の構造



超制震住宅をさらに知りたい方はこちら

  • オノコのモデルハウス
  • WEBオープンハウス

オノコのテクノロジー

  • 暮らしのデザイン
  • チャレンジ25
ページの先頭へ