生体エネルギー

本物の健康住宅


イメージ一般的に健康住宅と言うと、ほとんどの人がバリアフリーとか自然素材(無垢材、珪藻土)と言われるのではないでしょうか?

確かに、健康というキーワードには当てはまるのかも知れません。しかし、オノコが考える健康住宅とは、本物の健康住宅とは住めば住むほど健康を増進してくれる住まいを目指しております。その家に居るだけでリラックスできる、体調が良くなる、頭がスッキリしてくる、アトピー、アレルギー反応が出なくなる、そんな家に住みたいと思いませんか?

そんな夢のような話を・・・・・?と思われるかも知れませんが、それは今、科学の力で可能となりました。原点と科学の融合、過去の改良や改善という延長線上とはまったく異なる新理論、新技術の「生体エネルギー」。
オノコは健康な住まいを実現するため、新たな方向性として、今注目を集めているのが「生体エネルギー」という新しい科学的な技術を取り込んだ住まいをご提案いたします。



生体エネルギーとは


生体エネルギー複数ある物資が同化して1つになり、同じ機能、性質へ変わることに必要な力を、私たちは生体エネルギーと呼んでいます。

水を例にみてみましょう。
水は、水素原子2つと酸素原子1つで出来ています。この水分子の水素と酸素は全く違う他の物質になったわけでなく、水素は水素のまま、酸素は酸素のままで今までとは異なる水としての働き(機能・性質)をしています。

どうしてでしょう?
これは水素と酸素を同化させ1つの個として機能させる力。本来異なる物質が同化して同じ機能、性質へ変わることに必要な生体エネルギー(同化力)があるからなのです。
この同化力は、物質の能力・機能の高低をつかさどっていて、物質の内容は同化力によって変化します。
つまり生体エネルギーが高ければ高いほど物質同士の引きつけ合う力、同化力は強くなり、物質の能力、機能は向上します。



トマトのイメージ生体エネルギーの力が強ければ強いほど、食べ物は美味しくなり、色は鮮明となります。
スカスカのトマトより中身がしっかり詰まったトマトの方がおいしい!くすんだ赤いトマトよりも鮮明な赤いトマトの方がおいしい!

  • オノコのモデルハウス
  • WEBオープンハウス

オノコのテクノロジー

  • 暮らしのデザイン
  • チャレンジ25
ページの先頭へ